補聴器について

補聴器の種類

【耳あな型】マイク分離型
補聴器からマイクを取り出すことで、従来の耳あな型より小さいサイズに作れるので目立ちにくいです。
より自然な音質と方向感が出て音もこもりにくく風きり音も大幅に解消できます。
軽度から高度まで幅広い聴力に適応しています。
片耳価格 \148,000 ~ \520,000 (非課税)
【耳あな型】CIC
サイズが一番小さく、耳の穴にすっぽり納まるタイプです。
外からほとんど目立たず、風きり音が少ないです。
電話や帽子や使用する際にも邪魔になりません。
片耳価格 \148,000 ~ \520,000 (非課税)
【耳あな型】カナル
耳の穴に納まるタイプでCICほど小さくありませんが、装用していてもあまり目立ちません。
安定感もあり電池交換や操作もしやすいです。
片耳価格 \148,000 ~ \520,000 (非課税)
耳かけ型
耳のうしろに掛けて使用するタイプです。
軽度から重度まで広範囲の聴力に適応しています。
ケースのカラーバリエーションも豊富です。
他のタイプに比べて電池寿命が長いのも大きな特徴です。
片耳価格 \66,000 ~ \480,000 (非課税)
ミニ耳かけ型
従来の耳かけ型よりも小さく軽量でチューブも細いので、外からほとんど目立ちません。
耳を密閉しないため装用時の閉塞感などの違和感が少なく自然なつけ心地です。
片耳価格 \148,000 ~ \520,000 (非課税)
ポケット型
本体をポケットに入れ、イヤホンとコードをつないで使用します。 スイッチ類が大きく、手元で確認しながら簡単に操作できます。比較的お求めやすい 価格の製品が多いのも特長です。
\19,800 ~ \75,000 (非課税)
両耳装用のおすすめ
音の方向感 ・ 立体感がはっきりします。
明瞭間が増し、聴き取りが良くなります。
片耳装用より、ボリュームを抑えられますので疲労を感じることなく自然に聴く事が出来ます。
騒音の中での会話がよりききやすくなります。

ページトップへ

クラークのおすすめ補聴器

デンマークのデジタル補聴器ならワイデックス

真実に迫る音をあなたに。新たな音の世界を切り開く、次世代補聴器。

あらゆる環境における、あなたの豊かなコミュニケーションをサポートします。
大きな音が入力された場合でも、ひずみなどの人工音が入りにくく、豊かな音をお届けします。
コンサート、パーティー、スポーツ観戦のような大きな音が入ってくる環境でも細やかな音質をお楽しみいただけます。
専用の周辺機器DEXリモコンとクリアを組み合わせて使えば、完全にワイヤレスな状態で、
かつ映像と音声のズレや気になる残響音のないより優れた音質で、テレビや音楽を楽しんだり、携帯電話を使うことが可能です。
WIDEX(ワイデックス)CLEAR
シーメンス補聴器

世界に1つオーダーメイドの喜びをあなたに

Insio micon (インシオ マイコン)は、シーメンス最新技術micin(マイコン)テクノロジーを搭載したオーダーメイド補聴器です。
補聴器にとって大きな課題であった「聞きとり」と「聞き心地」の両立のために研究開発したハイスペックテクノロジー。 補聴器を使用すればするほど、聞こえの好みに合わせて設定を自動的に調整し、優れた音質と会話の聞き取りやすさを実現します。
テレビ、携帯電話、mp3プレイヤー等につながるワイヤレス接続機能※
もあります。Insioなら装用感も快適に、気軽に日々の生活を楽しむことができます。
※別途、Tek/miniTekが必要です。

Eclipse(エクリプス)・Pure(ピュア)・Pure Carat(ピュアカラット)

従来の耳あな型補聴器がさらに進化を遂げたまったく 「新しいカタチ」 の補聴器です。
外耳道を圧迫しないため、「こもらない」 「むれない」 「かゆくならない」 抜群の装用感です。
耳本来の集音効果や方向感をクールに再現します。
日本の開発チームが 「つけ心地 ・ デザイン ・ 聞こえ」 を追求した
一人ひとりの耳に合わせて作られるオーダーメイド補聴器です。 フォナック
フォナック

一人ひとりのさまざまな生活シーンに、よりより「聞こえ」を

新しいプラットフォーム“クエストチップ”を搭載した新シリーズ 「フォナック クエスト」
これまで聞き取りの改善が困難であると考えられる環境での補聴器使用を想定した新機能「風の中でのことば」 と 「オートステレオズーム」を搭載した耳あな型 「フォナック バート」、耳かけ型 「フォナック ボレロ」 アクティブに屋外での活動を楽しみたい方におすすめです。
ベルトーン

True超小型サイズの新製品。今までの補聴器では聞き取りが難しい環境でも、より明瞭な会話。

従来のワイヤレスシステムの7倍のデータ送信が可能で、はっきり安定したテレビの音声を補聴器を使う複数の人に対し同時に届けることが可能です。
首にかける受信機も不要で簡単にテレビ接続できるアダプターから補聴器に直接、より明瞭なテレビの音声を無線で届けます。
風きり音防止に抜群の効果があり、より自然な音質と方向感、音がこもらない快適な聞き心地です。
トゥルー

ページトップへ

よくあるご質問

耳・難聴Q&A

Q.最近家族からテレビの音が大きすぎると言われるのですが・・・
A.最近家族からテレビの音が大きすぎると言われるのですがテレビの音が聞こえづらくなり、知らず知らずテレビの音量が大きくなりご家族の方に言われ聴力の低下に気づかれる方が多いようです。
ニュース番組などは比較的聞き取りやすいといわれていますが、同時に何人もが話し出す番組等は聞きたい言葉を拾いづらくなることがあります。
補聴器店などで聴力測定を受けご自身の聞こえの状態をチェックされてはいかがでしょうか。
Q.年齢が増すごとに聴力は低下しますか?
A.年齢が増すごとに聴力は低下しますか?年齢を重ねるごとに聴力も視力と同じように低下していきます。
これらの症状は多くの方にみられ、加齢で聴力が落ちるのは自然なことです。
しかし、日常生活に不便を感じる場合には、補聴器のご利用をおすすめします。
Q.会議での複数の人の会話が聞き取りづらいのですが...
A.会議での複数の人の会話が聞き取りづらいのですざわざわした場所での会話は、通常でも聞き取りにくくいものですが、聴力が低下してくると、なおさらのことです。
話し手がいる方向や距離は、左右の耳を使って確認しており、聴力が低下していたり片耳の聞こえが悪いと方向感覚がつかみにくいために、大勢の人の中で話し声を聞き分けることは難しくなります。
このような場合には、補聴器の両耳装用をおすすめします。
左右の耳が聞こえを補い合い、方向感覚のバランスを崩すことなく、補聴効果を上げることができます。
Q.聴力が低下するとどういう聞こえの状態になるのですか?
A.聴力が低下するとどういう聞こえの状態になるのですか?聴力の低下の度合や状態には、個人差があります。
一般的な加齢による聴力低下の場合は、高い音から聞こえにくくなると言われています。
高い音が聞き取りにくくなると、話し声の子音が聞き分けられなくなってきて、聞き間違いが多くなります。
"声は聞こえるけれど、何を言っているのかがわからない"という状態です。
聴力が低下するということは、単に小さな音が聞こえにくくなるというだけではなく、人の話し声を聞き取ることが難しくなるということなのです。

ページトップへ

補聴器Q&A

Q.補聴器を使うと、以前のように聞こえようになりますか?
A.補聴器を使うと、以前のように聞こえようになりますか?補聴器は今の聴力を最大限に活かし、快適な聞こえを提供するものです。
聴力が衰える前の聞こえに戻すものではありません。
完全に聞こえが元に戻ることはありませんが、自分に適した補聴器を装用することにより活動的な生活が送れるようになります。
聞こえの程度には個人差があり、補聴器の装用目的、装用効果も人それぞれです。
Q.補聴器は両耳につけた方がいいのでしょうか?
A.補聴器は両耳につけた方がいいのでしょうか?眼も片眼だけだと、遠近感や立体感がつかみにくく、片眼だけに負担がかかるので、とても疲れやすくなります。
両眼で見ることと同様に両耳で聞くことは自然なことなのです。
2つの耳は互いに連携しながら機能しあっているので、両耳に難聴がある方は、補聴器を両耳に装用することで、片耳だけの装用よりも、会話がはっきりと聞き取りやすくなり、音の方向や位置がわかりやすくなります。
音に奥行きと立体感がでてより自然に聞くことができます。
Q.補聴器から聞こえる音と、普段聞く音に違いはありますか?
A.補聴器から聞こえる音と、普段聞く音に違いはありますか?直接耳で聞く音と補聴器を使って聞こえる音は、音の伝わり方が違うため、今まで聞いていた音と少し違いを感じる場合があります。
最近の補聴器には、より自然に聞こえるものもありますので、是非店頭にて試聴してみてください。
Q.補聴器を購入してすぐに使いこなせますか?
A.補聴器を購入してすぐに使いこなせますか?補聴器を使いこなすには、ある程度時間がかかります。
お客様の意見や感想をお聞きしながら、操作方法の練習や音の微調整を繰り返し、1ヶ月から6ヶ月かけて慣れていただくお手伝いをさせていただきます。
『補聴器をお渡ししてから』がお客様と私たちとのお付き合いの始まりです。
焦らず、私たちスタッフを信頼していただき『より良い音の世界』を取り戻していただきたいと思います。
Q.価格の高い補聴器と安い補聴器の違いは何ですか?
A.補聴器を購入してすぐに使いこなせますか?価格の高い補聴器には、使う人の聴力にあわせてきめ細かく調整できる機能や雑音を抑えて言葉を聞き取りやすくする機能等、より自然に聞こえる様々な機能が搭載されています。
しかし価格の高い高機能の補聴器をつければ、だれでも聞こえるようになるわけではありません。
価格の安い補聴器の方が快適に聞こえるという場合も珍しくありません。
使う人の聴力や聞こえの状態にきちんと合っていて快適に聞こえるかどうか、という点が大切になります。

認定補聴器専門店 クラーク補聴器:札幌市中央区北3条西28丁目2ー1サンビル1階奥