新着情報

ご存知ですか?【難聴も認知症の危険因子】です!

2018/04/03
ご存知ですか?【難聴も認知症の危険因子】です!

難聴になると認知症のリスクが高くなる。ぞんなショッキングな報告が厚生労働省から発表されました。超高齢化社会・日本に暮らす私たちにとって身近な問題

【認知症と難聴】のことご家族と一緒に考えてみませんか?

●日本人の高齢者4人に1人が認知症

現在、日本の認知症患者は約462万人(2012年厚生労働省調べ)高齢者の4人に1人は認知症、またはその予備軍といわれています。
団塊の世代が後期高齢者となる2025年には、患者数が700万人を超えると見られています。

●難聴は認知症の発症要因のひとつ

2015年1月、政府は高齢化が急速に進む日本の問題に、認知症の対策強化に向けての国家戦略である新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)を策定。認知症発症予防の推進と認知症高齢の日常生活を支える仕組みづくりに国をあげて取り組みはじめました。その中で認知症の危険因子として「加齢」や「高血圧」の
他、「難聴」も一因として挙げられています。

●どうして難聴と認知症が関係あるの?

難聴になると、周囲からの情報が絶対的に減少します。その結果、他人の言っていることがよく聞き取れない、会話がうまく成立しない、という経験を繰り返し、周囲との関わりを避けるようになります。そして、だんだん社会との交流が減少し、精神的健康にも影響を与え、認知機能の低下をもたらすことがあります。

●聴覚障害による影響の広がり

1、音や声などの聴覚刺激が入らない

2、コミュニケーションが困難になる。危険の察知、周辺環境の把握がしづらい

3、心理的、情緒的影響 孤立、不安、憂うつ、意欲の減退、楽しみの制限

4、社会との交流、参加の減少

5、認知機能への影響

難聴になるとすぐに認知症になるわけではありません。
難聴によりコミュニケーションが少なくなったり社会との関わりが減ったりすることで、認知機能に影響が出る可能性があります。

【医療機関と連携する補聴器専門店の補聴器相談会】
●開催期間:11月24日〜12月27日まで※ご予約制
●受付時間:AM10:00〜PM5:00
●問い合わせ:【フリーダイヤル】0120-00-8356
【医療機関と連携する補聴器専門店の補聴器相談会】開催のお知らせ♪

・補聴器に関するお悩み相談

・他店で購入した補聴器相談

・補聴器の買い替え相談

・ご自宅、高齢者施設、医療機関への訪問

・補聴器相談医(耳鼻咽喉科)のご紹介

等、お気軽にお問い合わせください。

【補聴器札幌市内出張無料。市外要相談。】
詳しくはお電話・FAXにてお問合せください。
フリーダイヤル 0120-00-8356 FAX 011-676-8827
営業時間/AM10:00〜PM5:00迄
※日曜・祝日は休業日です。

【認定補聴器専門店】 
補聴器・めがねのクラーク本店
札幌市中央区北3条西28丁目2−1サンビル1階
市営地下鉄東西線 西28丁目駅直結

【外販出張・訪問専門】
宮の森・円山営業所
※営業所での補聴器販売・相談は行っておりません。外販出張・訪問専門です


最近の記事

認定補聴器専門店 クラーク補聴器:札幌市中央区北3条西28丁目2ー1サンビル1階奥